スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフト格言

先日、カスタムのフリーのドラフトに潜ったら、珍しく対戦できました。
しかもその方は何と、カスタムでの私の初対戦の相手でした。
その時のルールはノーマルです。

こちらの後衛召喚ラフィオーに対し、ワープ+ケントゥリアスヒットで
倒してきたのは未だに忘れられません。


さて、私の知っているドラフト強者の方々がドラフトに関する記事を
書いていたので、自分も「ドラフト格言」なるものを考えてみました。
なるべくひねったものにしたかったので、少ないですが。
-----------------------------------
一つ.エスケープは早めに使え
一つ.相手を追い詰めるな
一つ.グリフォンにかけろ
-----------------------------------

エスケープは当たり前のように思えますが、ドラフトでは相手のマジックが分かっているため
まだ使わなくても大丈夫かな、と溜め込みがちです。
しかし実際は思い通りの展開にならず、腐ることがよくあります。
少しでも有効に使える場面があるならば、すぐ使った方がいい結果を生むでしょう。

相手を追い詰めない、つまり相手のゲージを5にしないということです。
相手のゲージが4で、モンスターが2体いる状態を考えてみましょう。
倒さなければ、相手は新たにモンスターをセットできません。
相手のマジックも分かっています。
自分にとっての不確定要素がすべて排除された状態であるのです。
数ターン先に、2体同時に倒せないか考えましょう。
これはドラフトの醍醐味のひとつでもあります。

グリフォンLV2は、ドラフトにおける最強モンスターです。
ピック負けした時は彼(?)に望みを託しましょう。
困ったら何とかしてレベルを上げられないか考えてみましょう。
2ターン目先攻は、前衛が弱っててもグリフォン優先にすべきです。


いかがでしたでしょうか。
エスケープはひねりが足りてないですが、他に思いつかなかったので採用しました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ハクシ

Author:ハクシ
共感、批判などあったらお気軽にどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。