スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年カードヒーロー夏合宿レポート③

8月29日(金)
詳しいルールの説明をしてないですが、ご了承ください…
・レジスタンス アヴァロン
人狼系ゲームのレジスタンスの拡張版。
参加者は、ハクシ、ひいら、へりとん、羅翔、なんでもいい、しゅん、の計6名。(手番順)

2014summer037.jpg
1回目はルールの確認も込めて、拡張カード無しのレジスタンスをプレイ。
スパイは、ハクシとへりとん。
本来、投票が同数の場合は否決となるところ、手違いにより可決としてしまう。
それが響き、スパイ側の勝利。

2014summer038.jpg
2回目は、アヴァロンの追加カードである「マーリン」を追加してプレイ。
「マーリン」追加に伴い、スパイ側にも「暗殺者」を追加。
投票に関するルールも修正。
スパイは、ハクシ(暗殺者)と羅翔。
投票の際、スパイ2人のみピンポイントで反対を出す場面が2回もあり、
スパイがほぼ明確に浮かび上がる。
レジスタンス側の勝利。
スパイ側のラストチャンスである「マーリン当て」は、
終始リードが絶妙にうまかった、なんでもいいさんを指名。
…しかし、正解はへりとんさんでした。

2014summer039.jpg
3回目も、2回目と同様マーリンを追加してのプレイ。
暗殺者はハクシ(暗殺者)とひいら。
初手で2回否決の後、スパイのペアでのミッション。
ここで、失敗が1枚めくれ、見た目上はハクシ-ひいらの対立が始まる。
そのおかげで、3回失敗することに成功し、スパイ側の勝利。
完全にひいらさんのおかげです。グッジョブ。
マーリンは羅翔さんでしたが、分からなかったです。

…と、なぜか3回ともスパイでした。どういうことでしょう。

スパイ側の最後のマーリン当ては、ちょっと大味かな、と思ってます。
今回の場合、単純に4分の1で逆転できてしまうので。
でも、話し合いの駆け引きが生まれ面白くなるのは間違いないので、
確率的にも6人以上ならアリかと思います。
もしくは、回数を決めて点数制にして、
完全勝利で3点、マーリン当てによる逆転勝利で1点、
などポイント制にするのもアリかも。
ただ、それだと勝利のためにマーリンやスパイの自白、というプレイングが発生するので微妙か。

他のカードを追加したことがないので、その辺りも気になるところです。
あと、マーリンがスパイを確認するフェイズの、スパイの指立てが何かカッコよくて好きです。


・色ドラチーム戦
本日のメインイベントその1。
カーヒー交流会ではおなじみとなった色ドラ。
今回は、事前告知していたチーム戦です。
もともと、3人チームを想定していましたが、8人いるということで急遽4人チーム戦に。
きょう・なんでもいい・ひいら・へりとんチーム VS しゅん・しんえもん・ハクシ・羅翔チーム。

■デッキ作成
3人チーム用のデッキは考えてあったので、それをまず仮組みとして作成。
赤、青、黄色をメインとし、タッチとして余りの緑紫の強めのカードを足した感じです。
その上で余りカードを使って4つ目のデッキをデッキを作成。
余りの緑と紫のマジックだと、紫の方が強いので紫多めで考えたところ、少し紫のモンスターが足りない。
仮組みのデッキから、紫のカードを抜き、戦えるレベルのデッキが完成。
結局、マジックは緑以外の単色となりました。

■順番決め
負けるとマジックなど残りカードがどんどんバレていき不利になるということで、
初戦から強いであろう赤デッキをぶつける作戦に決定。
4人の中で一番色ドラの経験が多い自分が赤デッキで先鋒を努めることになりました。
次鋒羅翔、副将しゅん、大将しんえもんと続きます。

■バトル開始
2014summer043.jpg
先鋒はへりとんさん。後手。
ラスト5-5の場面で、前衛にスライドしてきたLV2ルージュが前衛フールから挑発され、
0Pアタックしかできないと勘違いしてましたが、
普通に特技を使って、マッドファイアとヤンバルで勝利。
後ろで見ていた仲間を無駄に焦らせてしまいました。

2014summer048.jpg
次鋒はなんでもいいさん。先手。
初手ゴーストシープ、ルージュとでしたが、相手がHP5だったのでセーフ。
事故によりなんでもさんのデッキにドノマンティスが紛れていたこともあり(?)、勝利。

2014summer050.jpg
副将はきょうくん。たしか先手。
終始こちらのペースで進められましたが、ゲージ4からのエスケープでダインが登場し、ややピンチに。
しかし、ゲージ5なのでマッドファイアで押し切って勝利。

2014summer056.jpg
大将はひいらさん。先手。
ハリマルラティーヌ入りでしたが、揃わず。
終盤のルージュLV3が止まらず、勝利。

結果、4タテで、こちらチームの勝利でした。
強いデッキを最初にぶつける、という作戦は成功と言えたと思いますが、
それ以上に先手が多く取れたことが勝因かと思います。
1人で4戦してしまったのは、ちょっと申し訳なかったです。
せめて、デッキ固定して、プレイヤーはチェンジすべきでしたね。


・SET
2014summer069.jpg
反射神経系のゲーム。以前なんでもいいさんに教えてもらい、以来気に入っています。
参加者は、しんえもん、たぁ、へりとん、羅翔 の4名。
経験者のなんでもいい、ハクシ、ひいらは見学。
後ろから、この中にセットはある、無い、など茶々を入れてました。

最初の内は、そもそもセット自体を理解するのが難しいということもあり、ゆっくり進行。
しかし、徐々に分かってくる内に、しんえもんさんはこの手のゲームが得意なことが判明。
しんえもんさんが、大きくリードして勝利。

しかし…、


・カードヒーローSET
2014summer070.jpg 2014summer072.jpg
こちらは、私ハクシが自作してきた上記「SET」のカーヒーバージョン。
「色」「数」の要素はオリジナルと同じですが、
残りの要素が「タイプ(前衛、中衛、後衛)」「最大レベル(1、2、3)」となっています。
その違う2つの要素を、1つの絵柄で表現しています。
参加者は、先程のSETの参加者しんえもん、たぁ、へりとん、羅翔に加え、ひいら の計5名。

通常のSETが得意であることが判明したしんえもんさんですが、こちらは難しかったようでした。
理由は「絵柄を見ても1度整理して考え直さないといけない」だからであるそうです。
一方ひいらさんは絵柄に慣れ過ぎているせいか、そのタイムラグが無いようで、リードして勝利。

後ろで見ていて思ったのは、オール中衛の組み合わせのセットが中々取れていないようでした。
やっぱり、中衛という概念にムリがあるのか?

今回SETにはあまり参加できなかったので、またやりたいです。

ちなみに、カーヒーSETは前日にも少しプレイしており、
その時には、なんでもさんとへりとんさんと、
これを活かして別バージョンも作れないかな、という話になりました。
しっくりきたのが、「役割(ヒーロー、ヒロイン、悪役)」「作品(マリオ、ロックマン、FF)」という要素。
そもそもSET自体好評なのか怪しいので、とりあえず作る気はないですが。


・ダンジョンオブマンダム
2014summer073.jpg
空き時間に再びプレイ。
特攻して1ポイント取るも、結局死にました。


・ファブフィブ
2014summer074.jpg
ダウト系ゲーム。
参加者は、ハクシ、なんでもいい、ひいら、きょう、へりとん、羅翔 の計6名。(手番順)

1戦目は、きょうくん→へりとんさんへのパスが毎回強烈で、へりとんが早々に脱落。
次は羅翔さんがターゲットに。見ていて面白かったです。
勝者はなんでもいいさんでした。

2014summer077.jpg
2戦目はゆうくんも参加。(なんでもさんとひいらさんの間)
きょうくんにひどくやられたへりとんさん救済ルールとして、
「捨てた枚数分スキップする」というルールを追加。
今回はきょうくんの勘が冴えなかったらしく、真っ先に脱落。
最終的には、羅翔さん(きょうくんがプレイしている)、ひいらさん、ゆうくんが残る。
まずゆうくんが脱落し、その後ひいらさんが一気に9点削られ、羅翔さんの勝利。

プレイしている時は、数字に偏りを感じていましたが、実は全部5枚ずつでした。
見ていないところでウソが飛び交っており、そのせいで感覚が狂ってくるのでしょう。

2014summer075.jpg 2014summer076.jpg
あと、ライフカウンターがイカしてます。


・ハゲタカのえじき
2014summer078.jpg
参加していないので、内容は不明。

流れにズルズルのまれていく感じが、あまり好きになれないです。
シンプルに出来ているという点は好きですが。


・キングオブトーキョー
2014summer080.jpg
何系のゲームと呼ぶべきでしょうか、コレは。
参加者は、ハクシ、羅翔、へりとん、たぁ、ゆう、しんえもん の計6名。(手番順)

着々と点を伸ばしてましたが、11点あたりでたぁさんにトドメをさされました。
そこから羅翔さん、たぁさんと脱落し、残りはゆうくん、しんえもんさん、へりとんさん。
へりとんさんが6分の1で20点に到達して勝利、という場面になるが期待する出目は出ず。
その直後、ゆうくんが20点到達し勝利。

今まで見た中で、20点到達での勝利は初めてなので驚きました。
ましてや、6人戦という死にやすい状況の中で。

キントーは、盛り上がって面白いのですが、時間がかかるのがネックですね。
今回は2時間弱かかりました…。パッケージの30分とはどういうことでしょうか。


・ニムト
2014summer082.jpg
カーヒー交流会で、そこそこおなじみのニムト。
参加者は、ハクシ、へりとん、たぁ、しんえもん、なんでもいい、ひいら、羅翔 の計7名。

ニムトではおなじみの下位争いが、ハクシ、たぁさん、へりとんさん、なんでもさんで始まりました。
無傷の上位争いは、ひいらさん、羅翔さん。
残るしんえもんさんは、少しだけ点を取ってました。

最終的には、羅翔さんのみ無傷で勝利。
(※羅翔さんはニムトがとても強いです)

自分は35点で、33点のたぁさんをわずかに破り最下位でした。

ハゲタカと同じく、流れでズルズルいく感じはありますが、
盤面が見えて選択してる感があるので、ニムトは好きです。


・カーヒーProリーグ戦(予選リーグ)
本日のメインイベントその2。
カーヒー交流会にしては珍しく(?)、Proのリーグ戦を行いました。
予選リーグ4人、内それぞれ上位2名が決勝トーナメントに進出、
ルールは、以下のカード禁止、先手左端封印(マスアタ空打ちで解除)、でした。
・ヤミー
・シトラス
・ソウルチャージ
・ロストーン
・オクトロス
・レオン、ラオン
・デスシープ
(ちなみに、個人的に存在がマズイと思う順)

ポリのきあいあり、なのがポイントでしょうか。

予選リーグのメンバーは、
しゅん、しんえもん、ゆう、ハクシ。


2014summer084.jpg
1戦目 vs ゆう(黒)
使用デッキは大地入り白殲滅。後攻。
速攻気味のカードが出てくるが、中盤にシグマLV3&フール挑発ロックを決めて勝利。


2014summer085.jpg
2戦目 vs しんえもん(黒)
使用デッキはエクス入り黒。先攻。
初手アサシン、アサシン、ポリとちょっと危ない手札だが、
相手は、マッドダミー、マッドダミー、アサシンとさらに悪い手札だった模様。
こちらがかなり有利な滑り出し。

中盤、レベルアップ読みでテトカが出てくるも、
ローテにより陣形を崩してのレベルアップだったので、レベルダウンは失敗。

お互いノーガードの殴り合いを続け、最後は女神の加護(!)を黄昏の風で剥がして勝利。


2014summer086.jpg
3戦目 vs しゅん(白)
使用デッキは大地入り白半速攻。後攻。
初手の相手の前衛がジャレスとポリであったこともあり、陣形を崩すことに成功。
エルソルLV2を作られるが、ダインLV3を守り続け勝利。

予選リーグ突破は、ハクシ、しんえもん でした。


・ドメモ
2014summer088.jpg
こちらのリーグが早く終わったので、待ち時間にドメモ。
参加者は、先ほどのリーグと同様、しゅん、しんえもん、ゆう、ハクシ の4名。(手番順)

1戦目
ゆうくんから開始。
数字が簡単だったこともあり、ノーミスで1抜け。
ビリはしんえもんさんでした。

2戦目
しんえもんさんから開始。
今回も数字が簡単だったこともあり、またもノーミスで1抜け。

ドメモは先手有利が気になっており、同巡上がりでの順位が微妙に感じていました。
しんえもんさんが「後手は情報アドバンテージの分で帳消しでいいのでは?」
とおっしゃっており、モヤモヤがスッキリしました。
次元が違う部分でお互いアドバンテージがあるということで、
多少の有利不利が生まれることは割り切れました。

ちなみに、ドメモは実はものすごく得意なつもりでして、
3回に2回はノーミスでクリアする自信があります。
(※ただし対ドラゴン戦は除く)


・カーヒーProリーグ戦(決勝トーナメント)
決勝トーナメントのメンバーは、
ひいら、なんでもいい、ハクシ、しんえもん。


2014summer090.jpg
準決勝 vs なんでもいい(白)
使用デッキはリターン入り黒殲滅。先攻。
初手でユニフォーン、ポリ、アシュロロが揃い、黒でポリ奇襲が決められる手札が揃うが、
S字配置をされて回避される。
が、リターンを引いたのでポリでマスターを削りつつ、相手前衛をリターン。
出だしは順調。

中盤はモンスターが中々引けず、ローテなどで凌ぐが、殲滅され巻き返される。

2014summer093.jpg
ラストは左端のドロー5を解禁し、ポリ、ピュアをセット。
風は握っていたので、スケゴでの凌ぎなら勝ちの状況に。
ライフ2まで削られ詰めろをかけられるが、望み通りスケゴで凌いできたので、風で剥がして勝利。

ローテも握っていたらしいので、そっちの線だと負けてました。


2014summer094.jpg
決勝 vs ひいら(白)
使用デッキは黒。先攻。
初手はポリ、アシュロロ、フールと良い手札。
ポリきあいで削り、フールきあいスライドを狙うも、
相手ボム、ダイン、ピグミィの布陣でピグLV2にてフールのきあいを外される。
お互いまずまずの滑り出し。

中盤、挑発がダブついたので、スライドしてきたピグミィに対してマスターから挑発をかける。
ただ、ヤンバルと違いピグの場合は1行動目で解除されて陣形を立て直されるので、
本来なら手としては微妙。
かと思っていたが、ちょうど1Pが欲しい場面であり、そこそこ刺さる。

ラストは、隠し玉のジャレスのHP4が足を引っ張り、挑発ロックをかけて勝利。
(盤面上は手はあるが、後続が無かったようです)


結果、優勝でした。
あまり遊び心が感じられないデッキを使用したことが勝因ですね。
それと先攻が多く、トップドローに助けられた場面が結構あったので、
それにより先攻のカード枚数のディスアドバンテージが
うまく打ち消されたことも勝因かと思います。

使用したデッキは、解説も兼ねて別記事にする予定です。

・シンデレラが多すぎる
2014summer095.jpg
なんでもさんが持ってきたゲーム。
参加者は、ハクシ、しゅん、しんえもん、たぁ の計4名。(手番順)

1戦目は、しゅんくん以外シンデレラ候補を持っておらず、しゅんくんの勝利。

2戦目は、たぁさん以外全員がシンデレラ候補を持っていたが、ネコの順番逆転により、
またまたしゅんくんの勝利。

シンプルで、絵柄もかわいいです。
シンデレラが男だったりと、ネタ的にも楽しめました。

ただ、条件の組み合わせを覚えるのがキツイので、
ライトに遊ぶゲームなのかどうかがよく分からなかったです。
シンプルさとネタ要素から、ライト向きなゲームかなぁと認識しています。


・オワコン
2014summer098.jpg
羅翔さんが持ってきたゲーム。
少し時間がかかるということで、今まで中々プレイできなかった。
参加者は、ハクシ、ひいら、羅翔、しゅん の計4名。(手番順)

14点を獲得した、しゅんくんの勝利でした。

勝利条件のルールは、オリジナリティがあり、よくできていました。
点数の入り方がかなり大味なのと、色々とルールが広がっててまとまりが無い感じなので、
もう少しコンパクトになったバージョンがあると、好ましいです。

初プレイだと、すべき事が分からなかったので、機会があればまたプレイしたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

まとめおつかれさまでしたー。

今回、人狼系のゲームやってないなーと思ったら、私のいないときにやっていたんですね。残念。

カーヒーSETで自分の左脳の弱さが浮き彫りになったのは我ながら面白かったです。
要素はオリジナルが(形、数、色、塗り方)の4つで、カーヒーが(形、数、色、レベル、前中後)の5つかと思いましたが、色はキャラごとに一緒だったんでしたっけ?勘違い。

ドメモはルールも簡単、短い時間で凄く面白いので気に入ってます。
ドラゴンさんはブラフってくるのか!?

楽しく読ませていただきました。
ありがとー。

執筆おつかれさまです

執筆お疲れ様です。
3日目も丁寧に書いていただいて本当にありがとうございます。
(まだ4日目があるかと思いますが…)

記憶って曖昧なものですね…やはりメモと写真を撮っていると正確さが違う。
ファブフィブのライフカウンターをきっちりと写真とあわせて特筆しているのはさすが。
(いざブログに書こうとすると写真がないと説明のしようがなかったorz)

3回連続スパイになる確率は6人戦だと1/27≒4%弱。
これをあり得る範囲かそうでないかは人によって分かれるラインかもしれませんね。

>今回カーヒープロルールで禁止したカードのうちマズイと思う順
これははなかなか興味深いですね。大体似たような順番になりますが…

ドメモの情報うんぬんはハクシさんの家でした時から皆言っていたような…
情報があるにせよ、不確かな情報に頼るより
一手先に動ける実利の方が圧倒的に大きなゲームなのは仕方ないでしょう。
いっそ全員同時に宣言する?

>※ただしドラゴン戦は除く
ただしドラゴン戦は除くてww通勤中に爆笑してしまいましたよ。
プロフィール

ハクシ

Author:ハクシ
共感、批判などあったらお気軽にどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。